やっとうちの近所のスーパーもセルフレジが導入されるようになってきた

投稿者:

都心のほうではだいぶポピュラーになってきたスーパーのセルフレジ。我が家はちょっと田舎なせいか、なかなかセルフレジの店は増えませんでした。田舎というのもありますが、高齢者が多いせいかもしれません。

まだ高齢者ではない私ですら、セルフレジけっこう面倒くさいと思いますもの。セルフレジとひと言でいっても、実はいろいろな種類があります。商品のバーコードを読み取るところからすべてセルフな店。会計は今まで通り店員さんがやってくれて、支払いだけ機械な店。

やっぱり商品のバーコード読みは大変です。少量ならいいですが、まとめ買いで何十点も買い物すると、それ全部バーコード読み取らせないといけないんですよ。中には野菜など、バーコードのない商品もありますから、そんなときは画面でその商品名を探さなくてはいけません。

レジ打ちのパートさんて、気にしたことなかったですが実はけっこう高スキルだったことを思い知ります。完全セルフレジ二してしまった店はやはり人気がないですね。いつも閑散としています。そのせいか、一部有人レジにしていて、従来通り店員さんが会計してくれていますが、そこだけ客が並んでセルフレジはガラガラなんてことも。

一方、最近になりようやく他のスーパーもセルフレジが導入されるようになってきました。ほとんどが、バーコードの読み取りを店員さんがしてくれて、支払いだけ機械というタイプです。これは客に負担があまりかからないのでいいですね。でも結局店員さんは今まで通りレジにいるわけですから、セルフの意味あるのかいささか疑問ではあります。

まあ、打ち間違いやお金のやりとりのミスが格段に減るだけでも、店側としてはメリットなのかもしれません。個人的には、商品をかごに入れたままボックスに入れると、機械が全部商品情報を読み取ってあっという間に合計額を出してくれるタイプのセルフレジなら店側も客も楽で大助かりだと思うんです。

GUがそのタイプですが、そんなシステムを導入するのはやっぱりスーパーではまだまだ難しいのでしょうか。皆が便利だと思っていれば、企業側がどんどん技術開発してくれるでしょうから、いずれはそんな簡単なセルフレジになるかも。実際、無人コンビニなんてそういうシステムですからね。

客が店に入ってカゴに入れた商品を店内のセンサーで読み込んで、会計する間もなく勝手に電子マネーなどで引き落とされ、そのまま店外に出ればOKという。いずれはそんな世の中になっていくでしょうけど、まだ先の話になることでしょう。